僕は先日人生で初めて自分で買った車を売り払う事になりました。
売り払わなければいけなかった理由は仕事の都合で実家を離れ東京に住む事が決まり車は実家においておいても誰も乗らないし維持費もかかるからという事で売る事に決めました。
購入した時は中古で150万弱だったのですが売り払った時はなんと1/3以下の50万円まで下がっていました。

友人曰く50万円あっただけでもかなり良い方だよと言われました。
値段では表せない程の思い出がたくさんつまった愛車だったのですごく売り払いを決めるのに覚悟がいりました。
僕はこの車で色々な所にドライブに行ったり初めて彼女とドライブに行ったのもこの車でした。

まさかこんな形で愛車を手放す事になると思わなかったのですがなんだかとっても寂しい気分になりました。
これから先また新しい車を購入する日が来ると思いますがこの車の事は絶対に忘れないと思います。
こういう話をしていたら母親にただの車なんだからそんなネチネチ言ってないで早く忘れなさいと突っ込まれてしまいました。

女の人にはきっと分からないんだろうなと思いながらその日の夜父親と話をしていたら共感してくれたのでさすが父だなと思いました。

車の買取、乗り換え向けのサービスは便利

車を売る方、買い替えを考えている方はどうしても下取りを選びがちですが、買取業者でも買い替え専用のサービスがあるのをご存知ですか?実は下取りよりもずっとオトク、幾つか買い替え向けのサービスを展開している買取業者を紹介しましょう。
業界最大手のガリバーでは、次の車が決定するまでの間、代車無料サービスを行っています。

買取は決まってもなかなか次の車選びに時間がかかるなんて良くありますよね?そのような時に、ガリバーのこのサービスを使えば便利。
中古車購入後も10年の長期保証や100日以内なら返品対応など購入でもサービスが豊富です。

私もじっくり検討するタイプですので、この代車サービスを利用しましたよ。
それでもすぐに次の車を選びたいという方はカーチスがオススメです。

大型展示場を併設している店舗が多いため、まるで下取りに出すように次の車選びもスムーズです。
購入でマイルが貯まるサービスもあるのでさらにオトクですよ。

ちなみに買取はインターネットでもできるところがあります。

経験上、買取額が中古車販売の値引き分にしか充てられていないかをチェックする必要がありますが、便利さでは良いと言えます。
乗り換えを検討する方はぜひ利用してみてください。

春の全国交通安全運動が実施されていますが、私が住む地域の幹線道路では、あいかわらず制限速度をかなりオーバーしてる車が多いです。
こういう人はみんな、交通安全運動が始まってることを知らないのでしょうかね…。

そういえば昨日、大きな交通事故のニュースがありました。
福岡県糸島市の国道でマイクロバスとワゴン車が衝突し、13人の方が怪我をして、1人の方が亡くなっています。

詳しい原因は分かっていませんが、ワゴン車の方が車線をはみ出して、マイクロバスの方に突っ込んだようです。
こういう痛ましい事故を見るたびに「運転するときは気をつけよう」と思うのですが、自分だけが気をつけていても、事故に巻き込まれてしまう可能性があります。

やはり自動車のドライバー全員が事故に気をつけないといけませんね。
まあ、そのための啓蒙活動が”交通安全運動”なのですが、上にも書いたように、幹線道路ではいつもと変わらず猛スピードで暴走している人もいるし、通学時間は通り抜けが禁止になっている道路でも、おかまいなしに通っていく人もいるし、いったいどうなってるんでしょうか…。

というか、今年はパトカーとか警察官の姿さえも見えません。
いつもなら大きな交差点には必ず警官が2人ほど立っているのになあ…。

下の子が大きくなり、今乗っている軽自動車では物足りなくなってきました。
そこで、軽自動車は売ってしまい、快適なミニバンを購入する事に。

ともあれ、軽自動車は先に売ってしまおうという話になりました。
車検が残っていましたし、ローンも残っていませんでしたので、わりと高値でスムーズに売る事ができました。

軽自動車自体が、まだ相場が全体的に高かったようで、そこそこの値段が付きました。
実はまだ、3年程しか乗っていませんでしたので、その点も良かったようです。

ただ、子供がシートを汚してしまっていて、そこは差し引かれてしまいました。
ディーラーの方の話だと、売りに出す時にはシートは交換するとのこと。

汚した時に、早めに処置しておけばなぁと、ちょっと反省してしまいました。
子供は汚すのが仕事みたいなものですので、仕方がないのですけれど。

ディーラーさんの話が上手くて、つい口を滑らせて新車の話をしてしまったら、色々と勧められてしまいました。
流石に家族との相談も無しに、その場で決めるのは憚れたため、その場は何とか逃げ切りました。

けど、良い人だったのでまたお世話になると思います。

私が今乗っているのはホンダのモビリオです。
私にとっても家族にとってもベストマッチングな車だと常々思っています。
ですが、中古で購入した当初で既に走行距離が8万キロあり、それが現在では13万キロになろうかというところにきているので買い替えを検討しています。

来年には消費税も上がるのでそれも考えて、買い換えるならまさに今でしょ!な感じです。
先日主人がいくつかディーラさんを回ってきましたが、翌日早速自宅を訪ねてくれた営業マンさんがいました。
フットワークの軽さに購入の気持ちが一歩前進。

でも私は今のモビリオ以上でも以下でもない他の車にはあまり興味がわきません。
あまり運転が得意でない私には、小回りのきく軽で十分と思っていますが、いかんせん子どもが多いので1台は大きめの車がないと不便ということで、3年前このサイズに格上げしました。
最初は不安がありましたが慣れてくるととても運転がしやすく、室内空間も広々していて機動力があって申し分ない車だなと思いました。

今でもその気持ちが揺らぐことはなく、仮に買い替えとなっていざ手放すときには人生で初めてぐらい別れを惜しむ車だろうなと思います。

飲酒運転による事故を新聞で見る度に、どうしてそのような軽薄な行動をしたのかと問い詰めたくなります。
私は絶対に飲酒運転をしないようにと心がけています。
車を運転するという事は凶器に乗っているも同然であり、いつ人を傷つけてしまうか分からない事を飲酒運転を軽んじている人々に今一度訴えたいです。

飲酒運転をしていると、堂々と公言している人に会った事があるのですが、内心では軽蔑をしてしまいました。
お酒を飲みなれているので運転をしても大丈夫だと思われるのでしょうが、法律違反でもありますしお酒を飲むというのは我を忘れてしまう、という事は分かっているだろうので止めてほしいですね。
止めてほしい、というよりも止めるべきです。

知人が運転免許を取得するために学科の勉強をしていたのですが「お酒を一滴でも飲んだら車を運転してはいけない」といった問いにNOと回答をしておりその際に私は非常に呆れてしまいました。
そんな人物には運転免許を取得して欲しくは無いと思っていたのですが、案の定、そういった不真面目な人物だからこそか、運転免許の学科試験に7回も落ちており、最終的には仮運転免許の時効が失効したために取得できませんでした。